散るも悲し、流るも悲し

2016年04月06日

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり

娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす…
平家物語




行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず

よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし
 方丈記. 鴨長明.




日本の文学は「もののあわれ」を中心にしてきました。

この心性をもっとも表している花はなんといっても「桜」でしょう。

あでやかに咲き誇り

潔く散っていく

そこに日本の象徴としての存在感を読み取る事ができます。


散る花
散るも悲し、流るも悲し



そして

流れ行く花
散るも悲し、流るも悲し
桜の時期もあと少し

こころゆくまで堪能しましょう。



同じカテゴリー(いきもの;花とか)の記事画像
梅の実
麦秋の幼苗
紫陽花
桜(んぼ)
スミレ
白樺・青空・南風
同じカテゴリー(いきもの;花とか)の記事
 梅の実 (2019-06-12 20:29)
 麦秋の幼苗 (2019-06-08 16:38)
 紫陽花 (2019-06-03 14:17)
 桜(んぼ) (2019-03-19 11:49)
 スミレ (2019-03-18 10:38)
 白樺・青空・南風 (2019-03-14 14:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。