長元坊

2015年01月22日

長元坊(チョウゲンボウ)

稲美町で見つけました。

ハトより少し大きくてその姿は精悍です。



チョウゲンボウ 後姿
長元坊


後姿で見当をつけたものの

やっぱり正面の顔も見ないとね




チョウゲンボウ 正面
長元坊


コレ・コレ

目の下の黒班、これが決め手

チョウゲンボウに確定




チョウゲンボウ おまけ
長元坊


ボケボケの飛び姿ですが

尾羽のさきっぽが黒いのでチョウゲンボウに間違いなし。








チョウゲンボウ(長元坊、学名:Falco tinnunculus)は、ハヤブサ目ハヤブサ科に分類される小型のハヤブサ類。




同じカテゴリー(いきもの;鳥とか)の記事画像
チョウゲンボウ
オナガガモ
ジョウビタキ
キンクロハジロ
2019白鳥 1月13日
トンビがくるりと
同じカテゴリー(いきもの;鳥とか)の記事
 チョウゲンボウ (2019-02-08 12:51)
 オナガガモ (2019-01-24 12:11)
 ジョウビタキ (2019-01-23 07:28)
 キンクロハジロ (2019-01-16 10:28)
 2019白鳥 1月13日 (2019-01-14 14:46)
 トンビがくるりと (2019-01-08 18:29)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。