田んぼダム

2014年08月07日

こんな幟(のぼり)がありました。



幟には


農家が取り組む総合治水活動

田んぼダム

農地の多面的機能の発揮







落ち溝を覗いてみると




こんな「コ」の字型の板が嵌めてありました。



田んぼダムとは
毎日新聞より

豪雨時に水田に雨水をため、下流の洪水を防ぐ「田んぼダム」が全国に広がっている。
水田の排水口に小さな板を取り付けるだけという手軽さが特徴だ。
新潟県で始まり、実際に水害を防ぐ効果があったことから、北海道や富山、福井、群馬、愛知、和歌山、兵庫などの農家が取り組んでいる。
豪雨災害の防止が課題となる中、専門家は「低コストで即効性もある」と普及を呼びかけている。

水田に深さ約10センチ分の雨水が貯水可能だとすると、約0.1ヘクタールで水約100トンに相当する。

兵庫県の場合
県内の整備された水田を全て利用すると、約4300万トンの貯水が可能(試算)
これは、日本一のダム「黒四」の有効貯水量の1/3に当たるという。

同じカテゴリー(風景)の記事画像
滝(のような・・・
田植えがはじまりました
麦秋
電柱
ヘリコプター
今季最後(たぶん)
同じカテゴリー(風景)の記事
 滝(のような・・・ (2017-07-01 10:24)
 田植えがはじまりました (2017-05-26 15:25)
 麦秋 (2017-05-23 11:29)
 電柱 (2017-04-28 14:46)
 ヘリコプター (2017-04-23 13:37)
 今季最後(たぶん) (2017-03-08 11:04)

Posted by おっとしぃ at 13:03│Comments(0)風景地元
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。