ホトケノザ

2011年03月09日

シソ科 オドリコソウ属 ホトケノザ  Lamium amplexicaule

あぜや野原を染めるように咲いています。





拡大してみると

手をそろえて何か祈っている人のようです。




それとも、手をだして「何かちょうだい」って、おねだりしてるのかな?
ホトケノザ と聞くと

春の七草の一種かと思いますがこれは別物。

食用にはなりません。

本物の春の七草「ホトケノザ」とはコオニタビラコのこと。


念のため

春の七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ(ハハコグサ)、ハコベラ(ハコベ)、ホトケノザ (コオニタビラコ)、スズナ(カブ)、スズシロ(ダイコン)

同じカテゴリー(いきもの;花とか)の記事画像
サンガイグサの朝
光のDandelion
12月20日 寒い朝
推定樹齢100年
ヤマジノホトトギス
山法師
同じカテゴリー(いきもの;花とか)の記事
 サンガイグサの朝 (2017-12-29 14:44)
 光のDandelion (2017-12-26 15:09)
 12月20日 寒い朝 (2017-12-20 14:29)
 推定樹齢100年 (2017-12-08 15:12)
 ヤマジノホトトギス (2017-11-16 15:42)
 山法師 (2017-11-15 12:03)

この記事へのコメント
めちゃ恥ずかしいのですが これがそうなんですね、初めてじっくり見ました。多分今までも 目には写っていたと思いますけど・・・
Posted by ヤマヤンヤマヤン at 2011年03月09日 10:22
子供の頃、藁で高ーい風除けを立てて
その前にサツマイモの苗(差し蔓)を採るために
いくつも温床を、これまた藁で囲ったもの。

その温床と温床の間で寝そべって本を読んでいると
ポカポカ陽気でつい眠ってしまい。
目が覚めると温床の根元にいっぱいホトケノザが
咲いていて、あの藁のにおいと春のやわらかな草が
やさしかったとなつかしいです。
Posted by はっちゃん at 2011年03月09日 12:26
よーく 見かけますが 此れが、ホトケノザ、なんですね!!

何も解からずに見ていましたが、ジーッくりみると
なるほど、名前の如しですね。
Posted by タローの母タローの母 at 2011年03月09日 15:03
◆ ヤマヤン さん

田んぼの畦や野原に結構目立つんですけどね・・・
意識してみないと、なかなか気がつかないんですかね。

いったん意識に上るとすごく目につくようになりますよ。
Posted by おっとしぃおっとしぃ at 2011年03月09日 19:38
◆ はっちゃん さん

>サツマイモの苗(差し蔓)を採るためにいくつも温床を、これまた藁で囲ったもの。

う~ん、さすがに記憶には無いですね。
ただ藁を積んだ「つぼき」で、風をよけて、ひなたぼっこをしていたので

>あの藁のにおいと春のやわらかな草がやさしかった

これは、実感できます。
Posted by おっとしぃおっとしぃ at 2011年03月09日 19:43
◆ タローの母 さん

小さい、小さい花ですが、表情が面白いので一杯写真をとりました。

踊りを踊っているような
祈りを捧げているような
子供がおやつをねだっているような

見ようによって変化する様がおもしろいもんで。
Posted by おっとしぃおっとしぃ at 2011年03月09日 19:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。