春暁

2010年04月07日

春眠不覺曉  處處聞啼鳥 

夜来風雨聲  花落知多少


                               春暁  孟浩然  五言絶句  


春眠暁を覚えず     処処啼鳥を聞く 

(しゅんみんあかつきをおぼえず しょしょにていちょうをきく)


夜来風雨の声    花落つること知りぬ多少ぞ  

(やらいふううのこえ  はなおつることしりぬたしょうぞ)




まさにいまの時期・こんな天気の事を言うんでしょうね

今朝起きたら結構な風が吹いていてあわてて桜を見に行きました。




溝には花びらが積り桜の木の根元には花ごと吹き飛ばされています


あわてて上を見ると、まだまだ大丈夫だよ

そう言いたげな顔で、満開になっていました









まだしばらくは大丈夫 花見はできそうです


同じカテゴリー(天然)の記事画像
ふたご座流星群
ふたご座流星群 前夜祭
朝の空
金星 Ⅱ
金星が
朝方中天に
同じカテゴリー(天然)の記事
 ふたご座流星群 (2018-12-15 05:08)
 ふたご座流星群 前夜祭 (2018-12-14 13:56)
 朝の空 (2018-12-13 17:46)
 金星 Ⅱ (2018-12-08 12:27)
 金星が (2018-11-30 12:36)
 朝方中天に (2018-11-01 14:38)

Posted by おっとしぃ at 19:45│Comments(0)天然
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。