文政六未三月

2010年01月21日

三木市別所町の旧道を歩いていて

左  三木  ありま

と刻まれた石標をみつけました。







右側面には建立した年・目的でしょう

文政六未三月?国西国供養 こう刻んであります。
(文政六未=1823年ヒツジ年)

左側面にも  □ □ から九里(?) (□ は読めません)と刻んであって、

おそらく□ □(地名)からの距離なんでしょう。


ちょっと不思議なのは、この旧道をまっすぐ行くと確かに三木に到着しますが

「ありま」が有馬温泉だとしたら、方角違いの思いがすることです。



少し調べてみました。

この旧道は昔、姫路から京都への最短ルート(湯の山街道)として有名でした。  

それは、羽柴秀吉が三木城を攻める(三木合戦)折に、有馬温泉から三木までの街道を整備したことによります。

(姫路~志方~国包の渡し~三木~有馬~京都のルート)


思わぬところで郷土の歴史を見つけて嬉しくって、今朝の記事にしてみました。





石標を見つけてのはここ


同じカテゴリー(名所とか遺跡とか)の記事画像
望理里(まがりのさと)
発掘現場
五輪堂
上村池遺跡
愛宕山古墳
名物に旨い物なし
同じカテゴリー(名所とか遺跡とか)の記事
 望理里(まがりのさと) (2017-09-25 09:42)
 発掘現場 (2017-07-10 15:26)
 五輪堂 (2017-06-13 11:30)
 上村池遺跡 (2017-03-06 06:11)
 愛宕山古墳 (2016-11-05 08:43)
 名物に旨い物なし (2016-09-09 12:53)

この記事へのコメント
 秀吉という人はそんなことまで(街道整備)してたんですね
しりませんでした。
本能寺の時にはこの道を駆けて帰ったのかな?

いや あのときは舟で帰ったっけ? 
Posted by なつばて  at 2010年01月22日 00:09
◆ なつばて さん

織田軍の特徴は神出鬼没。それを実行できるのは、ひとえに土木作業(街道整備)のおかげです。
三木合戦は約二年も続いて、その間何度も秀吉は有馬温泉に湯治に行っています。
いまも有馬温泉に「太閤」を冠した湯があるのはそれにちなんでいます。
Posted by おっとしぃおっとしぃ at 2010年01月22日 04:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。